はじめてのサンスクリット・チャンティングforアシュタンギ
オープニング特別WS『数字を発音してみよう』

アシュタンガヨーガクラスのインストラクションで使われているサンスクリット語の数字、あなたはどんな風に発音していますか?

この3時間のクラスでは、サンスクリット語の50の音節の発音をあてはめながら、実際にクラスで使用する数字ひとつひとつの発音方法を学びます。

サンスクリット語の発音は、口のあらゆる筋肉を使うアーサナのようなもの。
舌やあごの筋肉がしっかりとついてくるまでは目指す音なかなか出ないものです。
その土台となる舌の位置や、口の使い方を学ぶことにより、クラスの受講後個々がセルフプラクティスできるようになることを目指します。

ひとりずつの発音を丁寧にチェックしながらすすめていきますので、サンスクリット・チャンティングはじめましての方から安心してご参加ください。

 

講師: 吉原 駒世
Retreat Space Noah’s Ark主宰
バクティヨーガ(ラクシュミ―タントラ)実践・指導者
KHYF(クリシュナマチャリア・ヒーリング&ヨーガ)認定指導者
ヴェーディックチャンティング正式指導資格保持者メナカ・デシカチャー氏に師事し、伝統の教えとバクティヨーガの学びを深めながら数少ないマントラ指導資格保持者として、ひとりひとりに向き合い、伝統的な教えを大切に伝えている。

開催日 : 2/26(月)
時間 : 16:00~18:30 (終了後30分のQ&Aタイム・自由参加)

開催場所: Gate8外苑前(外苑前駅より徒歩3分 ブラジル大使館向かい)
東京都港区北青山2-12-42-703

gate8 外苑前

東京都港区北青山2-12-42-703

受講料 :5000円(税込)

定員: 15名

講師メッセージ:
わたしたちのからだは神さまの楽器であり、すべての言葉は祈りです。
マントラを唱えるということは、ただ「音」になるということ。
正しい・間違っているという認識を超え、自らのからだから生み出される音に向き合うことによって、今の「わたし」を知り、受け入れ、愛するためのプラクティスだとわたしは感じています。
アシュタンガヨーガを実践されているみなさんにとっていちばん大切なチャンティングを共に学べる事、クリシュナマチャリア先生の義娘にあたるわたしの師、メナカ・デシカチャー先生の教えをお伝えできることを心から楽しみにしています。